パンフレットやチラシの制作にお悩みの方必見!デザインや提案力に優れた印刷会社を比較してご紹介します。

会社案内ってどうやって作るの?制作の流れや注意点を解説!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/11/17


「会社案内」の冊子は、企業の商談の際には必須といってもよいツールではないでしょうか。初めて伺う先の方に、自分の会社のことを知ってもらい、商談に乗ってもらうためには欠かせないものです。では、そんな会社案内はどうやって作ったらよいでしょうか。今回の記事では、会社案内の制作についてまとめました。チェックしてみてください。

会社案内にはどんな役割があるの?

仕事をしていると会社案内を見かける機会があるかと思います。そういう種類の資料があるのだということは知っていても、自分が作るとなるとどんなことをどんな風に書いたらよいのかわからず、迷うところだと思います。

まず、会社案内の基礎知識として、会社案内とはどんな資料なのか、というところから話を始めましょう。冒頭でも書きましたが、会社案内というのは、だいたいの場合初めて会う相手に対して「初めまして」の意味を込めて会社の自己紹介として読んでもらうことを目的としています。人間でいったら履歴書のようなものです。そのため、会社案内にはあなたの会社のことがよくわかるように、あなたの会社についての主な情報が漏れなく書いてあることが必要です。

よく書かれる必須事項としては、会社代表の挨拶、会社概要、沿革、経営理念、業務内容、企業規模(資本金、売上額、従業員数、拠点一覧など)があります。こうした情報を通じて、あなたの会社がどんな仕事をしていて、どんな商品やサービスを提供していて、どのくらいの規模で業務を行っているのか、といったことを伝えることができるようになります。

会社案内を渡す相手は、仕事などでつながりを築こうとしている相手なので、お客様になる可能性のある方ということが多いです。そうなると、相手はあなたの会社について、「仕事を頼みたいけど、このボリュームの仕事を頼める会社だろうか」とか、「こういう種類の仕事も頼めるだろうか」といったことを薄らとでも考えているはずです。そういう人に対して、「こういう会社です」という自己紹介をするための資料が「会社案内」なのです。

会社案内を作るには?

会社案内を作るための流れを簡単にまとめます。実際には、印刷会社や印刷物のデザインの会社といった、印刷物の制作をコーディネートしてくれる会社と相談しながら作ることが多いと思いますが、大きくは次のような流れで作っていくことが多いでしょう。

企画・立案

まず、会社案内の完成予想図をまとめていきます。何かしらぼんやりとイメージしているものがあるかと思います。それを具体的なイメージにまとめていきましょう。会社案内でどんなことを書いていくのかが具体化されていきます。

デザイン作成

次に、構成・デザインの方向性を検討します。どんな紙面を作っていくかを考えていく作業です。そして、イラストで説明したり、製品の写真を載せたりする場合に、そのための素材(イラストや写真)を用意します。あわせて文章も書いていきます。こうしたものをまとめて、印刷物としての原稿を作成していきましょう。これはレイアウトを調整していく作業です。DTPともいいます。何度か校正を行い、最終的な原稿をまとめます。

印刷・製本

原稿ができあがったら、印刷所へ原稿を送り、印刷・製本に入りましょう。写真が含まれている場合は、色の度合いを見ることもあります。パソコンの画面で見ている色合いと印刷したときの色合いが必ずしも同じではないからです。印刷・製本が終わり次第、納品されます。

制作する際に気をつけたいポイント

最後に、会社案内を制作する際の注意点をまとめておきます。なんといっても、会社案内を通じて相手に伝えたいことをしっかり明確にしておくことが肝心です。いくら会社のことを熱く書き込んであっても、何が伝えたいのかが相手にわからないと会社案内の意味を成しません。たとえば、会社の強みを伝えたいのであれば、それが伝わる構成を考え、素材を用意する必要があります。

そして、あまり長くなりすぎないようにすることもポイントです。あれこれいろいろ伝えたいこと、知ってほしいことはあるでしょう。しかし、長すぎると最後まで読んでもらえない可能性があります。先ほどの「伝えたいこと」を軸にポイントを絞って、軽く目を通す感じで読まれても相手の頭に入っていくくらいの量にまとめるのがよいでしょう。会社案内は広告と似ていて、じっくり読まれる資料ではありませんが、それでいてあなたの会社をしっかりアピールできることが肝心なのです。

まとめ

今回は会社案内の作り方をまとめました。会社案内は、会社の履歴書のようなものです。初めて会う商談の相手に、あなたの会社を知ってもらうための大事なツールです。伝えたいことがきちんと伝わるように内容を構成していくことで、この先の仕事を進める上で大きく役に立つかもしれません。相手との関係を築くためのツールとして、しっかり内容を吟味してよいものを作ってください。その参考になれば幸いです。

名古屋のおすすめ印刷会社

イメージ
会社名株式会社好友印刷株式会社アイビーネット株式会社プリンター株式会社コピンピア(レスキュープリント110番)駒田印刷株式会社
特徴クオリティと提案力に定評あり!印刷会社ならココ!印刷後のDMの発送代行なども依頼できるオンライン広告を取り入れた戦略を提案手厚いサポートでネット注文でも不安ゼロ!広告を駆使したプロデュースはお任せ!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧