パンフレットやチラシの制作にお悩みの方必見!デザインや提案力に優れた印刷会社を比較してご紹介します。

名刺は自分で作るか業者に頼むか。結局のところどちらがおすすめ?

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/05/11


名刺を作る際、自作するか業者に頼むか悩んでいる企業担当者は多いのではないでしょうか。名刺を自分で作る場合と業者に依頼する場合、それぞれのメリット・デメリットを知ることから始めましょう。この記事では、それぞれのメリットを紹介します。どちらが自分にとって向いているのか比較しているため、興味のある人は参考にしてください。

名刺作成を自分で行うメリット・デメリット

名刺を自作するメリットは安く済むことです。100枚分の名刺用紙は500円前後で購入できるので、プリントに使うインク代を含めても1,000円以下で名刺を作ることができます。また、名刺作成を業者に依頼した場合は早くても数日~数週間かかりますが、自分で作れば午後に必要な名刺を午前中に印刷することも可能です。クオリティにこだわらない、大量な名刺を必要としていない、すぐに使う必要があるなどの場合は自作がおすすめといえます。

名刺を自作する場合、以前はワードやイラストレーターといったアプリケーションが必要でした。しかし現在ではインストール不要で、豊富に用意されたテンプレートから好みのデザインを選び、名前や住所、メールアドレスを入力するだけで名刺デザインが完成するサービスもあります。気になる人は「名刺テンプレート」で調べてみるとよいでしょう。

自作で名刺を作るデメリットは、自分で名刺用紙を購入したりデザインしたりするなど手間がかかる点、業者に依頼した場合と比べるとクオリティが低くオリジナリティのある名刺を作ることが難しい点です。パソコンを使い慣れていない人は、とくにデザイン作成に時間がかかり、市販の名刺用紙は種類に限りがあります。忙しい人やパソコンが苦手な人、自分や会社の個性を表現できるオリジナリティのある名刺を作りたい人、高級感のある名刺を作りたい人は業者に頼んだほうが無難かもしれません。

名刺作成を業者に依頼するメリット・デメリット

名刺作成を業者に依頼した場合、業者の選定や打ち合わせ、確認の時間はとられるものの、自作する場合と比べると名刺作成にかける時間は節約できます。また、自作した名刺と業者に依頼して作成した名刺を比べると、クオリティには必然的に差が出るでしょう。テンプレートから選ぶのではなく、1からデザインしてもらうことができるので、オリジナリティのある名刺を作ることができます。

用途にあわせたデザインの提案を受けられるのも、業者に依頼するメリットといえるでしょう。営業であれば顔を覚えてもらえるよう顔写真やイラストを入れるなど、印象に残る名刺についてアドバイスを受けられます。名刺に使用する紙も、規制品は種類が限られているのに対し、業者に依頼する場合は選択肢が豊富にあるのです。

高級感を演出する質感のもの、厚みのあるもの、パールやゴールドの紙を選んだり、箔押しやエンボスといった特殊加工を施したりすることも可能でしょう。名刺のサイズや形状も自由に決めることができます。家庭用のプリンターの場合、印刷がズレたり文字がかすれたり薄くなったりすることが考えられるでしょう。家庭用プリンターでは名刺のクオリティは下がりますが、業者に頼めばそのような心配もありません。

しかし、業者に名刺デザインを依頼する場合は数千円~数万円のデザイン費用がかかるのがデメリットです。デザイン費用とは別途で、データ納品に費用がかかることもあります。印刷に高級な紙を使用したり、箔押しやエンボスなどの特殊加工をしたりする場合はさらに費用が高くなります。

また業者に名刺制作を依頼する場合、依頼から名刺が完成するまでに数日~数週間の期間を要するのです。急遽名刺が必要になったという人は、業者に名刺作成を依頼している余裕はないかもしれません。名刺作成を依頼できる業者にはデザイン会社や印刷会社、クラウドソーシングサービスなどがあります。業者によって特徴があるので、予算や納期、求めるクオリティに合わせて依頼する業者を選びましょう。

名刺作成は自分で行うか、業者に依頼するかどちらがおすすめ?

名刺を自作するか業者に依頼するかは、名刺がどのくらい急ぎで必要なのか、どのような用途に使う名刺なのかによって異なります。名刺のクオリティにこだわる必要はないが、急ぎのケースであれば自作がおすすめです。デザイン性の高い商品や高級品を扱う仕事であれば、名刺も高級感を演出したほうが売上につながりやすいので、業者に依頼してクオリティの高い名刺を作った方がよいでしょう。

自分で名刺を作っている時間がない、自分の時間は本業に使いたいという人も、業者へ依頼することがおすすめです。仕事をしていると、名刺作成以外にもポスターやチラシ、販促物など制作物が必要なシーンが多くあります。名刺作成をきっかけに、制作物作成時に頼れるデザイナーとつながりを作っておくと、長い目で見たときにもメリットがあるかもしれません。

 

名刺を作る際は、自作と業者に依頼するメリットとデメリットを理解したうえで、自分が名刺を使う用途、シーンに合わせて自作・業者依頼のどちらにするか判断してください。時間と費用を無駄にしないように名刺を作りましょう。

名古屋のおすすめ印刷会社

イメージ
会社名株式会社好友印刷株式会社アイビーネット株式会社プリンター株式会社コピンピア(レスキュープリント110番)駒田印刷株式会社
特徴クオリティと提案力に定評あり!印刷会社ならココ!印刷後のDMの発送代行なども依頼できるオンライン広告を取り入れた戦略を提案手厚いサポートでネット注文でも不安ゼロ!広告を駆使したプロデュースはお任せ!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索